Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

税理士になるまで~前編~

今回と次回のブログでは、私が税理士になるまでの道のりを書きたいと思います!

 

f:id:chimions_tax:20191224092857j:image

 

高校生だった頃、親が「何か手に職をつけた方がいい」と口酸っぱく言っていたのがきっかけで、ぼんやりと何か資格を取ろうかなと思い始めました。

 

私は高校と大学がエスカレーターである附属高校に通っており、ある程度の内申があれば大学に進学できるため、高校の頃は遊んでばかりで最低限のテスト勉強しかしておりませんでした。

 

このままじゃいけないと思い、資格について調べたところ、私が行く予定であった大学に公認会計士講座という簿記3級からスタートして最終目標として公認会計士を目指すための講座がありました。

直感で、「これだ!」と思いました。

 

数字を扱うのは嫌いではなかった(むしろ好きな方でした。)し、高収入になれそうだし、響きがカッコいい!

そんな単純な理由で高校生の頃に公認会計士を目指そうと決意しました。

 

大学に入学し、周りの友達がサークルやらバイトやらしている中、私はサークルに入らず、バイトもせず、公認会計士講座に入りました。

 

まずは簿記3級からスタート。

簿記3級と2級は順調に合格しましたが、1級でつまずいてしまいました。。

 

大学1年生の1月頃から大学と専門学校のダブルスクールが始まり、ほとんど大学には行かずテストだけ出席するというような生活が始まりました。

 

当時、サークルで遊んでるような奴らは将来地獄を見ればいいというような気持ちで必死で勉強していました。笑

 

大学3年生の春頃までそんな生活が続き、勉強していく中で公認会計士の受験科目のうち監査論という科目があるのですが、これがつまらなすぎて全く興味が湧かず、、、

自分は公認会計士に向いてないんじゃないか思い始めました。(なかなか試験に受からないというのもありましたが。)

 

親や一緒に勉強していた友達に相談したりして、他の資格を取ろうと決意。

今まで勉強してきた公認会計士の知識を無駄にしたくなかったので、今までの知識を活かせる資格がいいと思ったのが理由で、税理士を目指すことにしました。

 

後編へ続く〜