Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

老後が不安・・・iDeCo(個人型確定拠出年金)がオススメな理由!

昨今ニュースで、 2000万円問題が話題になっていましたが、老後の資金が不安でやっていけるか心配という方はたくさんいらっしゃるかと思います。

 

そこで今回は、iDeCo(個人型確定拠出年金)についてご紹介していきたいと思います!

 

f:id:chimions_tax:20191224094503j:image

 

 

そもそもiDeCoって??

そもそもiDeCoって聞いたことあるけど、いまいち内容がわからない・・そういった方のために簡単に説明しておきます。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、自ら作る年金制度のことです。

具体的には、加入者が毎月一定額を拠出・積立をし、自ら選択した金融商品に基づいて運用を行い、60歳以降に年金または一時金として、受け取ることが出来る制度です。

 

国民年金や厚生年金と合わせることで、より豊かな資産形成が可能となり、不安のない老後を迎えることが出来る可能性が高まります。

 

メリット・デメリット

メリット
  1. 掛金が全額所得控除!

iDeCoの掛金は全額が所得控除の対象となり、所得税や住民税の課税所得から差し引くことが可能となり、税金が安くなるというメリットがあります。

 

 2.  運用益が非課税!

一般的に金融商品の運用で生じた運用益については、 20.315%の税金が課されることとなりますが、iDeCoで生じた運用益については、全額が非課税となりますので、運用益全額についてそのまま再投資が行えますので、効率的な資産運用が可能となります。

 

   3.  受取時にも税負担が軽くなる!

iDeCoは、受取時に年金か一時金かで受取方法の選択が可能となります。

年金受取の場合は、「公的年金控除等」、一時金受取の場合は、「退職所得控除」としてそれぞれ所得控除が可能となり、税負担が軽減される仕組みとなっております。

 

デメリット
  1. 60歳まで引き出せない。。

iDeCoの大きなデメリットとして、60歳になるまで運用した資産を引き出すことができない点があります。

また、途中解約も原則認められていないため注意が必要です。

 

   2.   開設時と運用期間中に手数料がかかる。。

iDeCoに加入する場合には、金融機関を選択する必要があり、口座開設には手数料がかかります。

金融機関によって手数料は異なりますが、運用期間中も毎月手数料がかかります。

そのためiDeCoに加入する際には、金融機関をしっかりと吟味する必要があります。

 

   3.   元本割れのリスクがある。。

掛金を運用する金融商品を自分で選択することが出来る一方で、うまく運用できない場合には元本割れするリスクがある点はデメリットとして挙げられます。

元本保証型の金融商品も中にはありますが、それだけでは大きな運用益は見込めないため、ある程度リスクは高いもののリターンが大きい金融商品も選択するなどしてうまく運用したいものです。

ネットで検索すると、色んな人が運用について紹介している記事やブログ等たくさんありますので、これらを参考にしてみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

老後資金を捻出するために、私もiDeCoに加入しています。

毎月、運用がうまくいっているのかと気になってしまうものですが、結局は現状60歳以降にならないと引き出せないため、慌てずにじっくりと運用しようと心掛けています。

 

少しでも老後を豊かに暮らすためにも、今のうちからiDeCoに加入して資産形成を行うのも一つの方法かもしれませんね。