Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

令和元年度(第69回)税理士試験合格発表

先週金曜日に税理士試験の合格発表がありましたね!

 

今年はかなり合格率が高いという印象を受けました。

 

f:id:chimions_tax:20191218092108j:image

 

簿記論と財務諸表論は20%近い合格率で当たり年でしたね。

 

税理士を目指す人が減っているから合格率を上げて税理士を増やそうとしていますが、それだと税理士資格の価値が下がってしまう気がするので良いことではないように思いますが。。

 

税理士試験の内容も昔に比べて少しずつ変わってきているとは思いますが、相変わらず条文丸暗記問題も出題されているみたいですね。

 

条文の丸暗記なんてはっきり言って不要です。。

実務では丸暗記でなくてもある程度条文の内容がわかっていて、詳しく知りたければ本やネットですぐ調れば出てきます。

 

税理士試験は結構昔ながらの古臭い試験ですよね。

とは言えここを突破しないと税理士になれないので、スタートラインに立つためにも歯を食いしばって頑張るしかないですね。

 

この試験は運の要素もかなり強いと思います。

自分で言うのもなんですが、私は運が強いと思ってます。(運が強いと思うようにしています。)

 

計算問題は満遍なく解けるようにすることはマストだと思いますが、理論問題は予備校の本を丸暗記できる人はなかなかいないと思います。

 

講師の人も理論は重要度に応じてAランク、Bランク、Cランクといったように区分してくれますが、AとBランクを全て覚えたとしても実際の試験ではCランクの問題が出てしまうこともあります。

そもそもAとBランクを全て覚えるのでもなかなかきついと思います。

 

私が消費税法に合格したときは、Aランクすら全て完璧には覚えてませんでしたが、たまたま覚えていたAランクの問題が出題されましたのでとてもラッキーでした。

 

 

また運も大事ですが、試験で自分が持ってる実力を全て発揮するためには、ピークを試験当日に合わせることも大事だと思います。

 

人間なのでモチベーションはずっと維持することはできません。

どんなに頭の良い人や初めはやる気のある人でも、モチベーションには絶対に波があります。

 

モチベーションが低い状態で試験間近もしくは試験当日になっても、いい結果は生まれないですよね。

そのためには予備校で行われる全答模試や毎回のテストで一喜一憂しないことです。

 

適度に自分を褒めることも大事ですが、それに満足してしまうと試験間近で一気に今まで自分より点数が下だった人に抜かれてしまいます。

 

 

この試験はコツコツ頑張ることが大事です。

ウサギとカメのお話のカメになって頑張りましょう!