Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

明けましておめでとうございます!!

皆様、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

「年賀状用素材、賀正と書かれた門松(ふたつ)」の写真

 

最近のブログの内容がカテゴリー「徒然」が多くなってきたので、税理士らしく税金に関する内容もまた書いていきたいと思います!

 

私は遂に今年30歳になります。

自分が小さい頃に想像していた30歳とは大きくかけ離れていますが、日々精進して行きたいと思います!!

 

 

さて、元日である今日は妻を連れて私の実家でゆっくりと過ごします。

久々に祖父母にも会えるので楽しみですね。

私の2つ下の弟が2019年12月31日(令和元年最終日)に入籍をしたので、今年から弟夫婦も実家に集合です。

 

 

私の実家は横浜なのですが、横浜と言えば最近話題のIR(統合型リゾート)誘致を目指していて色々と話題にあがっていますよね。

 

 

横浜市の林市長が「私もシニアの一人として税収を上げて支えて欲しい」と自身の老後のためとも捉えられかねない発言をしたことで物議を醸しました。

 

横浜市民としてIR誘致は複雑な気分です。

IR誘致の出口調査では「誘致すべきではない」が60%、「誘致すべき」が16%だったとのことです。

ほとんどの横浜市民はカジノを含むIRを誘致すべきではないと回答しております。

 

「チップを回収するカジノディーラー」の写真

 

IR誘致のメリットとしては、カジノを含むIRを誘致することで外国人観光客の増加により大きな経済効果が得られることが挙げられるかと思います。

また、当然統合型リゾート導入によって様々な職種が必要となることから、大量の雇用者の増加が見込めることとなります。

 

一方で、デメリットとしては、外国人観光客の増加による治安の悪化が一つ挙げられるかと思います。

横浜の街が外国人観光客によって治安悪化となってしまっては残念でなりません。

外国人が日本のマナーや文化に合わせて現状の治安の良さを保てるとは全く思えませんよね。

 

また、カジノという民間賭博を解禁することで子供や若者に悪影響を与え、今まで築いてきた日本人のモラルを崩壊させることに繋がるという懸念点もあります。

カジノによってギャンブル依存も増えてしまいますよ。

 

そもそも経済効果が潤う理由としては、カジノで負けた人から多額にお金を吸い上げることで成り立っているので、健全なビジネスではないような気がしてなりません。。

 

IR誘致によって税収は潤う一方で上記のようなデメリット・懸念点が多すぎるかなと個人的には思うのでIR誘致は反対ですね。

 

カテゴリー「徒然」にも関わらず、ちょっと真面目な話になってしまいましたが、今年も楽しくやって行きたいと思います。

 

改めてですが、本年もどうぞ宜しくお願い致します!