Chimions_Tax’s blog

29歳若造税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

やり過ぎ!?香川県がゲーム時間の制限を発表!

コンピュータ, コンソール, コントローラ, ゲーム, ゲーマー, 手, 屋内で, 再生, ソニー, テレビ

 

皆さんはゲームは好きですか?

 

私も学生の頃はオンラインを繋ぎ、モンスターハンタードラクエをして一日中ゲームをしていて親にゲームやり過ぎ!とよく怒られていた時期がありました。笑

一回ハマっちゃうとなかなかやめられないんですよね。

 

特にRPGのようなゲームの場合、キリが良いところまで進めようと思っていても、結局もう少しもう少しという気持ちになってしまい、結果的にずーっと何時間もゲームをしていたということがよくありました。

 

今回、香川県がゲームやインターネット依存症対策のため、ゲームは平日一日60分まで、午後10時以降はゲーム禁止といった具体的な内容を条例に盛り込む案を発表し、対象は高校生以下となっており、Twitterなどでやりすぎではといった声が多発し、物議を醸しています。

 

なお、このような制限には罰則規定はございませんが、高校生以下の子供たちにこれらを守らせることが親や学校の責務とされています。

 

このような条例案が出てくる時代になってきてしまったんですね。

私個人的にはやり過ぎかなと思いますね。

 

もちろんゲームやインターネットのし過ぎは良くないと思いますが、勉強の息抜きとしても必要だとも思いますし、その時間は各自で管理すべきだと思います。

時間制限をしたところで罰則規定がないのであれば実行性はないような気がしますし、全くこの条例は意味を為さないんじゃないかなという気がしています。

 

また、今の時代はeスポーツ(*)といった昔では考えられないような、ゲームがスポーツとして捉えられるような時代になりました。

(*)electronic sportsの略称であり、ゲームを使ったスポーツ競技のことをいい、複数人で対戦するゲームをスポーツとして捉え、eスポーツと呼んでいます。

 

eスポーツの大会に出場すると賞金も出て、海外では優勝賞金の額が10億円の大会もあるらしいので、単なるお遊びの延長のようなゲーム大会ではなくしっかりとした大会となっております。

 

今の時代は、例え一昔前に娯楽や趣味と考えられていたことでも、それを突き詰め極めることで色々な職業に就くことができ、お金を稼ぐことが出来る時代です。

 

ゲームやインターネットの時間を制限することは、将来就ける可能性のある職業の一つを潰してしまうことでもあるかと思います。

やはりゲームやインターネットの利用時間は国や行政・自治体が制限することではなく、各自で判断すべきだと思います。

 

便利な時代になった反面、その弊害としてインターネットやゲーム依存が問題となっていますが、各自がしっかりと自分自身を管理し、自分の人生に責任を持って行動することが一番大事なことだと思います。

 

最後までご覧頂きましてありがとうございます!