Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

ニューヨーク旅行!〜3日目〜

今回はニューヨーク旅行3日目をご紹介します。

前回のニューヨーク旅行の記事については下記をご覧ください!

 

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

 

ニューヨーク3日目は朝早く起きて、地下鉄を利用しブルックリン橋に向かいます。

朝ごはんはダンボエリアでも有名なベーカリー「アーモンダイン・ベーカリー」でテイクアウトをして、ブルックリン橋が見える桟橋で食べました。

 

f:id:chimions_tax:20200121161555j:image

 

朝早かったので、観光客が少なく落ち着いた時間を過ごすことができました。


f:id:chimions_tax:20200121161612j:image

 

こちらはマンハッタン橋です。

この景色が旅行者に人気で絶好の撮影スポットになっています。

朝早い方が人も少ないので早起きをして行った方が良いです。

 

f:id:chimions_tax:20200122222852j:image

 

そしてこれが有名なブルックリン橋。全長約1,825 mもあります。

ダンボエリアからマンハッタンエリアに向かって歩いて渡ります。

 


f:id:chimions_tax:20200121161609j:image

 

ブルックリン橋を渡りきるとロウアー・マンハッタンエリアになります。

金融街の中心地としても有名なウォール街があるエリアです。

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を観たことがあるので、映画の舞台にもなったこの場所に立っていることがとても感慨深かったです。

 

これは、ニューヨーク証券取引所です。

警備はかなり厳重なため、柵が設けられ中には入ることができません。


f:id:chimions_tax:20200121161619j:image

 

同じエリアには9.11のテロの標的になった、ワールド・トレード・センターもあります。

かつてツインタワーがあった場所には滝のプールが造られ、縁には犠牲者の名前が刻まれています。多くの犠牲者の名前の中に日本人の名前もありました。

f:id:chimions_tax:20200121161625j:image

 

そしてテロの悲しみを乗り越え、2014年に新たにワン・ワールド・トレード・センターが完成しました。

全米一の高さ541 m、地上102階建の超高層ビルです!

上階には展望台もあり、全米一の高さからニューヨークの街並みを見下ろすことができます。

f:id:chimions_tax:20200121161548j:image

 

自由の女神もこのエリアからのアクセスが一番近いです。

自由の女神がある島に上陸するためにはチケットが必要なのですが、結構なお値段がします…。

私たちは「自由の女神を見てみたい!」というだけの気持ちだったので、無料のフェリーから見ることにしました。

 

このフェリはーマンハッタンとスタテン島を結ぶ無料のフェリーで、思ったよりもしっかり自由の女神が見えました。行きの方が航路的に最も自由の女神に近くなります。

自由の女神の中に登りたい!真下から写真を撮りたい!という人でなければ、これで十分に満足できるかと思います。

ちなみにスタテン島には、2018年から大型ショッピングモールがオープンしたので帰りに買い物をすることもできます。


f:id:chimions_tax:20200121161615j:image

 

フェリーの中からのマンハッタンです。

高層ビル群の多さに驚きます!

 

f:id:chimions_tax:20200121161604j:image

ロウアーマンハッタンに戻ってきたら、フェリーでホテル近くまで戻ります。

ニューヨーカーはバスのようにフェリーを利用しています。

タクシーやバスと違って渋滞がないから良いんでしょうね。

海風もとても気持ち良いです。

料金も公共交通機関なのでとてもお手頃な値段です。

ブルックリン橋の真下も通る航路のため、橋の下も見られる特別感もあります。


f:id:chimions_tax:20200121161601j:image

f:id:chimions_tax:20200121161543j:image

 

しかし、1つ問題点が。

私は重度の乗り物酔いのため、この船に乗って酔ってしまいました。

いても立ってもいられず、降りる予定だった場所よりもかなり手前の停留所で降りたのですが…

 

今までの観光地とは全く異なるローカルな雰囲気で、道ゆく人もシルクハットのような帽子に黒ずくめの洋服と長い髭にもみあげ。女性も長袖に膝下のスカートといった、一昔前のようなファッションの人ばかり。ここはマンハッタンとは反対側にあるブルックリンエリアにあるユダヤ教の超正統派の方が多く住むエリアでした。

 イメージはこんな感じです。

 

今まで経験したことのない不思議な光景・街に少し戸惑いながら、必死に電車の駅を探し無事にホテルまで帰ることができました。

 

夜はロックフェラー・センター内にあるトップ・オブ・ザ・ロック(展望台)に行きました。

この展望台の良いところは、70階の展望台が窓のないオープンエアーの状態で開放感たっぷりにニューヨークの夜景を楽しめるところです。

また、エンパイアステートビルやセントラルパークといった名所を360度見渡すことができます。

ニューヨークの夜景は、本当にキラキラと輝いておりずっと見ていられるほど美しかったです。


f:id:chimions_tax:20200121161551j:image

 

この日も23時頃まで街を歩き回っていましたが、危険な雰囲気はそこまで感じませんでした。ニューヨークは昼夜問わず人が多いので、人が少ない薄暗いところでなければ危険な目には遭わないと思いますので、ニューヨークのナイトライフも十分に楽しめます!

 

明日はニューヨーク最終日をお伝えします!