Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

アメリカ・ハワイ旅行で使える三種の神器 ~ Softbankのアメリカ放題~

 

 

f:id:chimions_tax:20200126201114p:plain

 

「Über編」「Open Table編」に続き、今回はWi-fiがなくてもインターネット検索ができるサービスをご紹介します。

前回の記事については下記のブログをご覧下さい。

 

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

 

ニューヨーク旅行については下記ブログをご覧下さい。

 

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

 

Wi-fiなしでもスマホが使える!? ※ キャリアがSoftbankの方限定

海外に行く際には空港などでグローバルWi-fiをレンタルする方も多いのではないでしょうか。

今や必需品となっているスマホWi-fiがないと旅先でも困ってしまいますよね。

グローバルWi-fiのレンタル代も無制限プランだと、7日間で2,500円~10,000円を超えるようなプランまであります。そうなるとレンタル代も結構な負担になりますよね。

 

そこで、Softbankのキャリアの方は是非「アメリカ放題」を利用してみて下さい!

 

アメリカ放題」って?

アメリカ放題」とは、Softbankの対応機種を利用している方限定で、アメリカ本土やハワイなどに滞在時、スプリント(アメリカの通信会社)のネットワークを利用し、通話やモバイルデータ通信、メールがし放題のオプションサービスです。

 

申し込み方法は?

実は、Softbankで契約されている方は最初からオプションとして申込みをしていることが多いです。ここ数年はキャンペーン中のようで、サービス料・申し込み料が無料のため最初から付帯させているのでしょう。(「アメリカ放題」は当初、有料サービスだったようです。昔から継続されてSoftbankを契約されている方は確認してみた方が良いでしょう)

まずは、SoftbankのMyページにて「アメリカ放題」がオプショナル契約として付帯されているか確認してみましょう。

 

使い方

使い方についてはSoftbankの公式HPに掲載されておりました。

図解で詳しく説明されており、わかりやすく記載されているかと思いますので、下記URLをご覧下さい。

 

www.softbank.jp

 

実際に使ってみて

ニューヨーク旅行中はこの「Sprint」の通信を利用し、インターネット検索等を行っていました。

電波の受信具合も、日本で操作するのと変わらないほどスムーズに通信を行うことができました。

グローバルwi-fiのように、1日の通信制限等も心配することなくノンストレスで利用できるのはとても便利でした。

また、アメリカ国内への通話については無料なのも心強いですね。

SoftbankユーザーならWi-fiがなくてもアメリカ・ハワイ旅行であれば、無料で快適なネット環境をゲットできちゃうので、使わない手はないですよね。

 

注意したい点

注意したい点は、ちゃんと「Sprint」に接続されているかという点です。

いつもスマホで表示されている左上の「Softbank」が「Sprint」になっていたらOKですが、違う表示になっていた場合は海外データローミング料がかかってしまい、莫大な請求金額となってしまいます。このようなミスで高額請求をされてしまった失敗談がいくつかネットでも散見されましたので、私もスマホ利用時には逐一左上が「Sprint」の表示になっているか確認して利用していました。

それさえクリアすれば、かなり使い勝手の良いサービスのためSoftbankユーザーの方は、アメリカ本土やハワイに旅行される際には是非利用してみて下さい!