Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

ストレスとの上手な付き合い方

ストレス, リラクゼーション, リラックス, 単語, 電圧, バーンアウト, 頭痛, 心理学, 心理療法

 

最近は旅行の記事が多かったので、今回は徒然ブログを書いていきたいと思います。

あなたはストレスが溜まった時、どのようにしてそのストレスを発散していますか?

 

ストレスの発生原因としては職場がメインで、人間関係、長時間でのPC作業、異動、パワハラ・セクハラ、毎日のノルマ、期限など色々な要因が存在しているかと思います。

 

職場で簡単に行えるストレス発散方法としては、

・深呼吸をする

・一定時間おきに席を立ってリフレッシュをする(※頻繁に席を立つとそれはそれでサボっていると思われ兼ねないので注意しましょう)

・ストレッチをする

・トイレにこもって少し目を瞑る

 

といったことを行うことで手軽にストレスが少しは軽減します。

大事なことは根詰めて仕事に取り組むよりも適度にリフレッシュをしながら仕事を行うことです。

ずっと同じ作業をしていて気づいたら数時間経過していたということもあるかと思いますが、意識的にリフレッシュを取ることを常に心掛け自分を休ませてあげましょう。

 

一方で、職場以外の要因としては睡眠不足、家庭内事情、結婚・離婚、育児、怪我や病気、友人や隣人関係、金銭的なトラブルなどが挙げられます。

 

職場以外でのストレス発散方法としては、

・たくさん睡眠を取る

・美味しいものを食べる

・お酒を飲む

・運動をして汗を流す

・ショッピングをする

・旅行に行く

・仲の良い友達の話を聞いてもらう

・カラオケに行って大声を出す

・紙をビリビリに破く

・ひたすらボーッとする

・温かい湯船に浸かる

・感動できる映画を観て涙を流す

などたくさん挙げられます。

 

上記の様々なストレス発散方法を試してみて是非自分に合った方法を見つけてみて下さい!

 

そもそもストレスを感じなければどんなに幸せだろうと誰しもが考えたことがあるのではないでしょうか。

世の中にはストレスを感じやすい人と、感じにくい人がいるみたいです。

 

ストレスを感じやすい人は、

・柔軟な考えが出来ない

・真面目で几帳面な性格

・ちょっとしたことでもすぐに考え込んでしまう

・自分の意見は決して譲らない

・完璧主義者

といった特徴があります。

 

一方でストレスを感じにくい人は、

・何か上手くいかないことがあった時にもすぐに切り替えが出来る

・思い通りにいかないことがあった時も気に留めることなく受け流せる

・ネガティブと思えることに対してもポジティブに捉えることができる

といった特徴があります。

 

私も仕事でなるべくストレスを溜めない様に意識的にポジティブな思考にすることを日々心掛け、ちょっとしたことは受け流しあまり深くじっくり考え込まない様にしています。

 

自分に合ったストレス発散方法でストレスを発散することも大事ですが、それよりも上記の「ストレスを感じにくい人の特徴」の様なポジティブな思考に意識的に変えてみるだけで、そもそもストレスを感じにくくするということが可能となり、根本的にストレスをあまり溜め込まないような体質にすることが最も大事なのではと思います!