Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

北海道、車で1周旅 〜5日目最終日 知床→女満別空港〜

前回の「北海道、車で1周旅 ~4日目続き 網走監獄→知床~」編の続きとして、5日目最終日について書いていきたいと思います。

 

前回までの記事はこちら

 

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

 

5日目最終日の朝は、早く起きて昨夜行ったドライブルートで早朝ドライブをするつもりでした。

が、旅の疲れもあってか起きることができませんでした…。

 

最終日は、楽しみにしていた【知床半島クルーズ】。

このブログでも何回か書いておりますが、私は乗り物酔いをしやすいので今回は大型船「おーろら」を利用することにしました。

 

f:id:chimions_tax:20200206131435j:image

 

展望デッキからの眺めが一番良いということだったので、早めに行って列に並びました。

展望デッキを確保して、「さぁ出航!」というタイミングで、濃い霧が周囲に立ち込めてきました。

ちょっと嫌な予感を抱きながらもクルージングは出発します。

 

今回のクルージングは知床半島の先端まで行く3時間コース。

クマの目撃率も高いルシャ湾も通ります。

 

最初の見所ポイント【フレペの滝】は羅臼岳の伏流水が断崖の割れ目から流れ出た滝だそうで、「乙女の涙」とも言われている滝です。

この滝は、霧があってもなんとなく見えました。

 

しかし、沖に出れば出るほど霧は深くなり、ガイドのアナウンスを聞いてても、目の前に断崖絶壁があるとは思えないほど白い世界が永遠に続いている状態でした。

 

こんな状況が30分ほど続きました。

もう、どんなに目を凝らしても何も見えない一面霧の世界です。

そしてアナウンスが、「今回の航海は中止し、港へ戻ります」とのこと。

出航して30分で港へ戻ることになりました…。

 

乗船料は進行した分だけ精算し、残りは返金となりました。

が、やっぱり楽しみにしていただけかなり残念でした。

ルシャ湾のヒグマや国後島も見たかったのに…。

しかもこの時期、イルカやシャチも船から見ることができるそうです。

悔しい…。また知床に来な!ってことなのかなと自分に言い聞かせつつ、急遽空いた時間をどうしようか考えました。

 

昨夜のドライブで行かなかった、【カムイワッカ湯の滝】へ行こうとなり、すぐに車に乗り込み出発しました。

 

道中にまたキツネ。

 

f:id:chimions_tax:20200206131512j:image

 

カムイワッカ湯の滝はその名の通り、温泉が流れ込む滝です。

夏は水着着用で滝壺に入ることもできます。

 

f:id:chimions_tax:20200206131532j:image

 

そしてカムイワッカ湯の滝までが、知床で一般人が行ける範囲になります。

それ以上先は進むことができません。

知床の森の奥深くにあるので、もちろんヒグマの出没地でもあります。

 

そのあとは、知床五湖に行きました。

高架木道を利用し、サクッと一湖まで散策することができます。

 

f:id:chimions_tax:20200206131626j:image
f:id:chimions_tax:20200206131649j:image
f:id:chimions_tax:20200206131630j:image

 

そしてあっという間にフライトの時間になりました。

女満別空港からのフライトなので、知床からはアクセスしやすいです。

今回、新千歳空港から5日間タイムズレンタカーを利用しましたが、女満別空港の目の前に返却所があったのでスムーズに返却できました。

 

5日間の走行距離をお伝えしたいところですが…確認し忘れました。。。

 

かなりの距離を車で走ってきましたが、車だからこそ見える景色があったり、自分たちで考えてルートも決めることができたので楽しかったです。

 

一度はしてみたかった北海道車で1周旅。

知床にはクルージングのために、そして、ヒグマを見るためにまた再訪できたらと思います。

 

長いブログを最後までご覧いただき、ありがとうございました。