Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

大手キャリアと格安スマホ、どっちがお得!?

最近では皆さん当たり前のように持ち歩いているスマホ

スマホが普及してからは、以前のガラケー時代に比べ通信料がだいぶ高くなってきました。

通信料は毎月かかる「固定費」です。

この固定費をなるべく抑えれれば、節約にもなり家計も助かりますよね。

今回は、大手携帯電話会社と格安スマホの違いについてお伝えしていきます。

 

f:id:chimions_tax:20200217141736p:plain

 

 

1.格安スマホとは

格安スマホとは、大手携帯電話会社に比べ月額料金が安い「格安SIM」をご自身のスマホに装着させ利用するサービスのことです。

そのため、格安スマホを利用するにあたっては「SIMフリースマホの中に内蔵されているSIMの取り外しができる)」の機種を持っていることが大前提になります。

 

2.そもそも何で大手携帯電話会社はこんなに高いの?

3大キャリアと言われるdocomoausoftbankは皆さんも利用されたことが一度はあるのではないでしょうか。格安スマホと同様の通信サービスなのに、なぜ高いのか?

①自社で通信回線を持っているから

通信回線を作るための初期投資や基地局等のメンテナンスや整備が必要なため、これらに多額の費用がかかるためです。

②料金プランがフルセットされている

ギガの容量が多かったり、オプションとして通話料金無料がついていたりと、頻繁にスマホを利用する人もそうでない人も同じプランで満足できるようプランが設定されているためです。最近ではギガ数が低く設定されているプランもありますが、一部のキャリアでは使った分だけ請求されるというシステムのため、使いすぎてしまった月は通常よりも割増請求されることもあります。

 

3.格安スマホはなぜ安い?

格安スマホは自社で通信回線を持っていません。大手携帯電話会社の通信回線をレンタルしているため、高額の維持費用等が必要ないためです。

また大手携帯電話会社に比べ、店舗の出店も少ないため家賃や人件費を抑えることができるからです。

 

プランも大手携帯電話会社と異なり、様々な容量プランから選択することが出来ます。

大手携帯電話会社だと50GBが主流になってきていますが、格安スマホはそれ以下の1~20GBほどの容量プランを展開させているところがほとんどです。

通信容量の違いもあり、月額料金が安く抑えられているのでしょう。

 

 

4.格安スマホ、安くても本当に使えるの?

格安スマホを取り扱う携帯電話会社は約20社以上あると言われています。

実際格安スマホの中でも携帯電話会社によっては通信速度・通話品質が良くない会社もあります。

できれば、大手携帯電話会社と強い関係性のある格安スマホ会社をオススメします。

softbankだとY!mobileauだとUQ mobileのような関係性)

その方が比較的、通信速度・通話品質は良いと思われます。

 

また格安スマホは前述したとおり、大手携帯電話会社の通信回線をレンタルしており、その中で同じ格安スマホを利用している他のユーザーと回線を利用しあっています。

同時間帯で同じ格安スマホの利用者が通信を行なった場合、通信が混雑し反応が遅い状況も無きにしも非ずです。

基本的には格安スマホの会社はこのようなことが極力起きないよう、回線の増強等には努めていますが、時間帯や場所などで影響があることもあります。

 

 

5.結局どっちがお得!?

私の意見としては、利用者のスマホ利用頻度によるかと思います。

格安スマホに向いているのは、月15GB位のデータ容量で済み、ある程度のスマホ知識があって設定等もご自身で調べながらできる方は格安スマホに今すぐ乗り換えをした方がお得です。

 

反対に、月25GB以上は確実に利用している、または、近くに店舗がないとスマホ操作が難しい方は大手携帯電話会社を利用していた方が便利かと思います。

 

私や妻も昨年よりsoftbankからY!mobileに乗り換えましたが、通信等で不便をすることもなく快適に利用できている上に、通信料がかなり抑えられたのでとても助かっています。

 

次回は、実際にY!mobileを利用した感想をお伝えします。