Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

コロナ関連のデマに惑わされないで!

 

コロナウイルス関連のデマ情報がSNS上に溢れ、街中でパニックが起きています。

例えば、「コロナウイルスは熱に弱く、26〜27度の温度で死滅するのでお湯を飲むのが効果的」というデマ。

人間の体温は約36度。もし26〜27度でコロナウイルスが死滅するのであれば、人体にウイルスが入れば死滅するわけで、こんなに世界中にウイルスが蔓延するわけがありません。

冷静に考えればわかることですが、これを本気で受け止めている人が多くいるようです。

 

f:id:chimions_tax:20200229162133p:plain

 さらに、新型コロナウイルス対策でマスクが増産されることで「マスクの原材料が同じ、トイレットペーパーやティッシュなどがなくなる」という憶測が広がり、トイレットペーパーやティッシュの買い占めをする人が出てきたようです。

もちろんこの憶測もデマです。

マスクは不織布でできていますが、トイレットペーパーはパルプでできています。

そのため原材料は全くの別物です。冷静に考えれば分かりそうなものですが…。

 

一昨日ドラッグストアの横を通り過ぎた際、トイレットペーパーやティッシュの棚は空っぽでした。しかも複数のドラッグストアでそのような状態でした。

空っぽになったトイレットペーパーの棚の前で立ち尽くす、ご高齢の女性。

トイレットペーパーは生活必需品のため、買い占めにより本当に必要な人が手に入らない状態になってしまうのはあってはならないことです。

しかもそれが転売目的で買い占められているのであれば、尚更です。

 

さらにトイレットペーパーやティッシュなどの供給は中国に依存しておりません。

国内で生産・供給しているため、今後も安定的に供給されるようです。

今朝も近くのドラッグストア前には大量のトイレットペーパーやティッシュが搬入されていました。

(しかし午後には全て完売となっていましたが…)

マスクと違って、このような買い占めが行われない限りトイレットペーパーやティッシュなどは安定的に供給されるようです。

(ちなみにマスクの場合、中国が世界最大生産国だったため大きな影響を受け、日本でも供給不足となってしまったようです)

 

 

それよりも意外と影響が大きそうなのが家電ではないでしょうか。

昨日、冷蔵庫の買い替えのために家電量販店を訪れましたがそこで店員より「中国で家電の製造や供給がストップしているため在庫がなく、物によっては手元に届くのが1~2ヶ月先になるものもあります」と説明がありました。

これから新生活を迎える方にとっては必要な家電。

家電購入を検討されている方は、早めに購入・または納品日の確認をした方が良いかもしれません。

 

SNSなどで流れてきた情報を鵜呑みにし、その情報が本当に正しいのか考えもせずに、また情報を拡散する。その悪循環が今の私たちの生活を脅かしています。

SNSでの拡散や他の人に情報として流す前に、情報が正確な物なのか自分自身でしっかりと考えてから発信することがより大切になってきます。

このようなデマの発信者となる人は、他の人にもこの情報を教えてあげたいという「優しさ」のつもりで拡散していると思いますが、それが私たちの生活を脅かすことにもなりかねません。

正しい情報の取捨選択、情報の扱いが大切になってきますね。