Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

転売ヤーでメルカリ大荒れ!

 

マスクやトイレットペーパーがドラッグストアなどの店頭から消え、困っている方も多いかと思います。

そんな状況の中大量に買い占め、フリマアプリで転売をする「転売ヤー」の存在が問題となっています。

 

私もフリマアプリ「メルカリ」をよく利用していますが、確かにここ数週間マスクやトイレットペーパーが異常に高い金額で出品されているのをよく目にします。

そんな中マスクが不足した時とは異なり、今回は不当に高い金額でトイレットペーパーを出品している人に対しメルカリユーザーが「自警団」のように取り締まっています。

 

例えばこちら

 

f:id:chimions_tax:20200302160502j:image

 

ただのトイレットペーパーが¥2,500円で売られています。

しかも送料は着払い(購入者負担)です。

ドラッグストアなどではどんなに高くても500円あれば買えてしまうものを、こんな価格で出品するとは…驚くべき金額です。

 

以前ブログにも書きましたが、トイレットペーパーがなくなるという情報はデマです。

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

トイレットペーパーの場合、急な需要で搬入できる物流量も限られているため店頭から消えているだけなのです。

次の日になれば入荷するので、マスクの欠品問題とはまた別問題です。

ちなみにこちらの商品は「売り切れ」となっていますが、実は購入されていないかもしれません。

最初に述べたメルカリユーザーの「自警団」によるものと考えられます。

 

そのやり方がコメントに残されていたので下記でご紹介します。

 

f:id:chimions_tax:20200302160250j:image

 

こんなやり方があるのですね。

 

また、1枚目の写真にもコメント数58と表示されていましたが、そのコメント内容は転売ヤーへの辛辣なコメントが続きます。

 

f:id:chimions_tax:20200302160259j:image
f:id:chimions_tax:20200302160303j:image

 

私はメルカリをやり始めてから3年ほどですが、コメント欄が掲示板のように利用されているのは初めて見ました。

 

フリマアプリはとても便利です。

売り手にとったら不用品を処分しながらその対価を得ることができ、買い手にしてみれば通常よりも安く、または欲しかった商品を手にすることができるからです。

私がメルカリをやり始めた頃はこのように純粋な「フリマ」アプリとして利用されていたこのサービスが、いつからか「転売」で「利益をあげよう」という人が増え、モラルがなくなり今の状態になってしまったことが心から残念でなりません。

 

「自分さえ良ければ」と思う人が増えてきたように感じる今、モラルを意識する人がどれだけいるのか、国民の民度も問われているように感じます。

 

ちなみに「転売」で売り上げた利益は、確定申告が必要になります。

(不用品販売とは異なり、営利目的で反復継続的に販売した場合、事業所得に該当する可能性が高いため。)

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

 もちろん申告しなければ多額のペナルティを課せられます。

去年無申告だったけど今年何も言われなかったから大丈夫、という訳ではありません。

税務署は過去を遡って調査してきます。

吉本芸人だったチュートリアルの徳井さんがその例です。

彼の場合は2019年に所得税の申告漏れがニュースで報道されましたが、2012年分まで遡りそこから重加算税等が課せられました。

今マスコミを前に、「転売で2,000万円儲けました〜」と言っている方。

無申告でいると将来的に多額のペナルティが課されるので、必ず確定申告はしておいた良いでしょう。