Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

外出自粛要請でまたしても買い占め発生…

一昨日、小池東京都知事から週末の外出自粛要請が出されました。

要因としては、東京都内での新型コロナウイルス感染者の増加が挙げられ、今後爆発的な感染拡大が懸念されるからです。

ちなみに一昨日だけで過去最多の41人の感染者が都内で見つかりました。

その前日までは感染者が17名ほどだったのに、オリンピックが1年延期という決定がされてからいきなり感染者の数が増えました。

タイミング的にも、「オリンピックをやりたいがために感染者数を小さく抑えていたのではないか」「感染者の数を隠していたのではないか」と変に疑ってしまうような数字の動き方です。

小池都知事、週末の外出自粛要請 感染爆発「重大局面」―新たに41人・新型コロナ:時事ドットコム


www.jiji.com

 

ただイタリアやアメリカなどでも爆発的に患者数が増えている中、日本だけ感染者がそこまで増えていないのは皆さんも疑問に思っていたかと思います。

日本の衛生観念の意識が高く、キスやハグといったスキンシップが少ないから、という理由もありますがそれだけでここまで差がつくでしょうか。

私も何となくおかしいとは気づいていましたし、日本もいつ海外のような状況になってもおかしくないと思い2月からすでに食料等の備蓄は少しずつ行っていました。

使わなかったとしても災害用備蓄として利用できますしね。

 

そして一昨日の小池都知事の会見。

週末の「外出自粛要請」に対して、スーパーでの食料品等の駆け込み買い占めの発生です。

SNSには空っぽになったスーパーの陳列棚の写真が並び、テレビでは陳列棚には何もありませんと大きく報道され、余計に国民への不安を煽っているようにしか見えません。

あくまでも”不要不急”の外出は控えるようにという要請なのに、まるで一歩も外へ出ては行けないかのような国民の情報の捉え方に少し驚きました。

トイレットペーパーのデマの件を忘れてしまったかのような行動に、思わず呆れてしまいました。

「誰かがこう言ったから、こう動いたから、こうしよう」という安易な考えで動いているようにしか思えません。

いや、むしろ「考えている」とは言えないかもしれません。

こういう時こそ冷静になり、いつも通りの生活を心がける必要があると思うのですが、誰かがパニックになればそれはすぐに伝染しいつも通りの生活が難しくなります。

本当に国民の一人一人の意識が大切になってくると思うのですが、やはりそれも難しいのでしょうか。

 

まずはメディアからこの状況を煽るような報道はやめてもらいたいものですね。

この買い占めは都心部で起きているようですが、報道を見て首都圏や地方にも広まっていった場合、大変な事態になります。

物流もいつも通り動いているようなので、皆さんがいつも通りの買い物をすればいつもの生活に戻れる、ただそれだけなのですがそれが難しいんですね。

 

ちなみに前回のトイレットペーパーのデマで買い占めがあった際、SNSから情報を知った人は10%ほどだったそうです。

テレビでここまで大きく報道しなければトイレットペーパー買い占め騒動は起きなかったかもしれません。

 

この時代、メディアもSNSの情報も100%鵜呑みにしてはいけないと今回の件で実感しました。様々な情報があるからこそ、自分で理解し、それらを総合的に自分で判断し行動することが大切だと思いました。