Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

武漢型コロナウイルスは終息?次は欧米型の感染拡大

Covid19, Coronavirus, ディストピア, Dystopian 

都内でのコロナウイルスの新規感染者が今月27日には39人と大幅に減少しました。

新規感染者が50人を下回るのは3月30日以来のようです。

私もこのニュースを見て少し安堵してしまいましたが、翌日には新規感染者が112人と3桁台に戻ってしまいました。

コロナが落ち着いた訳ではなかったんですね...。

 

そんな中Yahoo!ニュースで気になるニュース記事を見つけました。

以下記事の抜粋になります。

 

国立感染症研究所は、新型コロナウイルスの遺伝情報を分析し中国・武漢から来た第1波の封じ込めには成功したが、欧米からの第2波が国内に拡大したとする調査結果を公表しました。

国立感染症研究所によりますと、去年末の発生以降、世界各地に広がった新型コロナウイルスは、数種類に変異していて、ゲノム情報をみるとどこから来たウイルスかわかるということです。

感染研の分析の結果、第1波の国内の流行は、1月上旬に中国・武漢から来たウイルスによるもので、現在は、消失し封じ込めに成功したとしています。

一方で、ヨーロッパとアメリカから入ってきたウイルスが3月から4月第2波を起こし、国内に拡散したものと強く示唆されるとしています。また、ダイヤモンドプリンセスの船内で広がったウイルスは、国内では終息したとみられます。

今後、第3、第4の波が来ることは必然だとし、対策の大切さを訴えています。』

出典:Yahoo!ニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200428-00000308-nnn-soci

 

この記事を読んでみると、同じ新型コロナウイルスと言われているものでも、ウイルス自体が途中で変異し、そのウイルスが新たに感染拡大を脅かす存在になっていることがわかります。

 

武漢発の新型コロナウイルスに罹って抗体が出来たとしても、その抗体がヨーロッパ発の新型コロナウイルスへの免疫となるのでしょうか。

もしならないようであればとても怖いことです。

いつまでも新型コロナウイルスとのイタチごっこになってしまいます。

また新型コロナウイルスの変異スピードはとても早いらしく、ワクチンを作るにしてもウイルス変異のスピードが早いため、なかなか難しいようです。

 

目に見えないウイルスなので予防といっても、手洗いうがいを徹底し、自己免疫力をあげることしかできませんが、完全な薬ができるまではそうやって身を守っていかなければならないのでしょうね。

 

ゴールデンウィークは目前ですが、気を緩めずに過ごすことが大切になりそうです。