Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

緊急事態宣言が延長!5月末まで

 

昨日、政府より緊急事態宣言の5月末までの延長が正式に発表されましたね。

発表当初より5月6日までの期間は短すぎるという声もあり、延長される確率が高いと言われていましたが、やはり結果的にはそのようになってしまいました。

また5月末以降の緊急事態宣言の再延長はあるのでしょうか。

 

道路, 道路マーキング, 通り, マイル, 旅行, 頭上式ケーブル

 

ニュースなどの報道では渋谷や銀座の人出は減りましたと報道されていますが、それは百貨店や企業などが軒並み閉店しているため行く理由がないからでしょう。

ゴールデンウィークということもあり、4月に初めて緊急事態宣言が出された時よりも近所のスーパーや商店街などには人出が増えているように感じます。

なんとなくゴールが5月6日と言われ、徐々に感染者数も減っているような報道を見てしまうと少し気が緩んでしまう気持ちも分かります。

私も4月中旬までは在宅勤務でしたが、月の後半位から仕事の関係上出社しなければなりませんでしたが、会社近くにはサラリーマンが以前よりも増え、通勤電車も人が少し多くなったような印象を受けました。

 

このまま新型コロナウイルスが終息してくれれば良いのですが、その前に私たちの「自粛疲れ」の方が先に来てしまい、またこのウイルスが蔓延してしまうことに危機感を持っています。

当初は5月6日までの緊急事態宣言で、在宅勤務をする方もその期間をめどにされていたと思いますが、期間が延長したことにより在宅勤務期間も延長されるのでしょうか。

意外と多くの方がゴールデンウィーク明けは出社を余儀なくされるような気がします。

 

終わりが見えないからこそ、いつまで在宅勤務や外出自粛をすればいいのか分からないので「そろそろ良いっか」と思う方も多くなると危惧します。

実際、私もそう思うようになってきてしまった節もあります。

 

テレビの報道ではこの新型コロナウイルスの完全な終息は2022年とも言われていました。

その終息までには何度も感染爆発が起き、その度に緊急事態宣言を出し、人々の地方や首都圏の流れを抑制する措置がとられ、最終的には国民が集団免疫を持ち終息するというシナリオでした。

2022年までこのウイルスと戦い続けるのは、かなりの長期戦ですよね。

それまでずっとこの状況が続くのは国民や経済的にもかなり負担が大きいかと思います。

 

政府は新型コロナウイルスへの予算として、今の終息前の対応に対する予算よりも、終息後の予算にかなり力を入れているようです。

終息後のキャンペーンに力を入れるのではなく、とりあえず先に今の現状をどうにかしてもらいたいので、こちらに予算をしっかり注ぎこんでもらいたかったのものです。

 

4月に発表されたアベノマスクも都内に住んでいるのにまだ手元に届きません。

政府の対応の遅さが結果的にどう出るのか見ものですね。