Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

R18+映画「レザーフェイス -悪魔のいけにえ-」

 

現在、Huluの無料お試し期間中のため映画やドラマをTVで楽しんでいます。

が、ゴールデンウィーク明けは仕事がかなり忙しくなってしまい、最近では終電での帰宅する日々です。

そんな私が直近で観た映画について、今回ブログを書いていこうかと思います。

ちなみに前回は、「CONTAGION(コンテイジョン)」という映画を観ました。

こちらの映画については前回記事を書きましたので、下記をご覧ください。

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

私が直近で観た映画は「レザーフェイス -悪魔のいけにえ-」という映画です。

タイトルからして不気味な印象ですよね。

それ以上に映画のパッケージデザインの強烈なこと!

 

f:id:chimions_tax:20200514142313p:plain

https://movies.yahoo.co.jp/movie/363340/

「5歳の誕生日プレゼントは、チェーンソー」という謎のキャッチコピー。

これを見た瞬間「???」となりましたが、かなり衝撃的な映画でした。

ちなみにこちらの映画はR18+の映画になります。

 

この映画は、人皮マスクをかぶった大男がチェーンソーで人々を惨殺する「悪魔のいけにえ」というホラー映画の前日譚となる作品です。

殺人鬼レザーフェイスの少年時代の凄惨な出来事がこの映画の中に描かれれています。

 

この映画のあらすじは以下のとおりです。

『ソーヤー家の三男ジェドは、5歳の誕生日にチェーンソーをプレゼントされるが、その後農場で少女の変死体が見つかり彼は更生施設へ送られる。10年後、患者仲間に強要され看護師を誘拐して施設を脱走しだジェドは、破滅的な逃避行を繰り広げるはめになる。そして彼らを、かつてソーヤー農場で殺された少女の父親ハートマン保安官が執拗に追跡し…』

 

あらすじを見るだけでもなかなかハードな内容であることがわかります。

過激なシーンがほとんどなので、SAWシリーズなどが好きな方・見れる方じゃないとなかなかきついのかなと思いました。

 

そして一番怖いのは幽霊なんかではなく、やはり「人」ですね。

サイコパスな人ほど怖いものはないんじゃないでしょうか。

何をしでかすかわからない、理解できない、それが一番の恐怖だと感じました。

出てくる登場人物、ほぼ全員サイコパスと化しています。

バイオレンスシーンも終始あるため、落ち着いて観ることもできず、終始肩に力が入ってしまっていました。

 

観終わったあとの疲労感は半端なかったです。

そしてこの幽霊とかではない、人に対する恐怖がある「ホラー映画」独特の胸糞悪さ。

かなりヘビーな映画でした。

 

ちなみにこんな映画ばかり観ているわけではありませんよ!笑

プラダを着た悪魔」や「TED」「イミテーション・ゲーム」など有名どころの映画もしっかりと観ています。

他におすすめの映画がありましたら、ぜひ教えてください!