Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

インド映画「きっと、うまくいく」で元気をもらおう!

 

U-NEXTの1ヶ月無料体験期間中なので、最近は頻繁に映画を見ています。

今回は初めてインド映画を観たのでその作品のご紹介です。

 

f:id:chimions_tax:20200531132024p:plain

https://movies.yahoo.co.jp/movie/345047/

TSUTAYAなどでもよくオススメされる作品でしたが、「インド映画」という点と「約3時間」という作品の長さに少し抵抗があり敬遠していました。

が、実際に観てみると前評判どおり最高に良い映画でした!

 

この作品はインドで製作され、真の友情や幸せな生き方や競争社会への風刺を描いたヒューマンストーリーとなっています。

入学したインドのエリート大学で友人たちと青春を謳歌していた主人公が突然姿を消した謎と理由を10年という年月を交錯させながら解き明かしてくストーリー展開となっています。

主演のボリウッド映画の大スターであるアーミル・カーンは慈善活動にも熱心で、フォーブスの「世界で最も影響力のある人物」ランキングにも載ったことのある人物です。

抱腹絶倒のユーモアとストレートな感動を味わうことのできる映画です。

 

あらすじは以下の通りです。

行方不明だったランチョー(アーミル・カーン)が街に戻ってくると聞き、ファルハーン(マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)は母校に向かう。10年前、三人は名門大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいた。しかし、ランチョーと学長の娘・ピア(カリーナー・カプール)が接近したことから、3人は卒業目前で退学を言い渡されてしまう。』

 

冒頭にも書きましたがこの映画はなんと170分という長さになります。

最初飽きてしまうのかなという懸念もありましたが、面白すぎてあっという間の170分でした。

ストーリーの中に喜怒哀楽がぎっしりと詰め込まれ、ディズニー映画のような歌とダンスに圧倒されてしまいます。

インド映画を初めて観ましたが、これは本当に面白いです!

インド社会の闇も垣間みることができました。

はちゃめちゃな大学生活ですが、こんな濃い大学生活はなかなか送れないと思います。

やはり学生時代にである友人は一生ものですね!

 

そしてこの映画の主人公ともいえるランチョーの秘密。

これも予想外の展開でした。

暗記や詰め込みの学習で点数をとるだけが勉強ではなく、心の豊かさや柔軟な考えが世の中を変えていくのかなと考えさせられました。

ランチョーのとんち?のきいた言い回しも面白いです!

頭の回転の速さには脱帽でした。

 

観終わった後は爽快で元気な気持ちにさせてくれる映画です。