Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

映画「ラストベガス」が教えてくれた"最高の人生は最高の友人をもつこと"

 

今回のブログも先日観た映画について書いていこうと思います。

先日観た映画はこちら

 

f:id:chimions_tax:20200608155644p:plain

https://movies.yahoo.co.jp/movie/348496/

この作品には、マイケル・ダグラスロバート・デ・ニーロモーガン・フリーマンケヴィン・クラインなどの大物オスカー俳優たちが出演しています。

パッケージ写真からしてすでに豪華メンバーなことが伺えます。

作品内容としては、老いても気持ちだけは子供時代から変化のない友人たちが、ラスベガスを舞台に大騒ぎする一夜を描いています。

友情に夫婦愛、恋愛など様々なな要素が絡み合い、物語に引き込まれます。

 

あらすじは以下の通りです。

58年来の親友同士であるビリー(マイケル・ダグラス)とパディ(ロバート・デ・ニーロ)、アーチー(モーガン・フリーマン)とサム(ケヴィン・クライン)。彼らの中で唯一独身のビリーが年下の恋人と結婚することになり、仲間たちがラスベガスに集結する。独身最後のバカ騒ぎとばかりにアーチーらが盛り上がる中、パディだけがしかめ面をしていた。』

見た目はこんなにダンディーな老紳士なのに、気持ちは何歳になっても少年のまま。

意外とそんな男性は多いのではないでしょうか。

かく言う私も、年を重ねてはいますが精神的にはまだまだ子供のように感じます。

特に小学校時代からの友人と会うと、昔にタイムスリップしたかのようにたわいもない話で盛り上がっています。

この映画を観ていると、男は何歳になっても少年のままの気持ちをもって大人になっていくんだなと感じました。

それはそれでまた良いことでもありますよね。

 

あらすじにもあるように、ビリーとパディにはちょっといざこざがあります。

さらにこの仲良し4人組で一番のお金持ちビリーがなぜ今まで結婚してこなかったのか、中々興味深い展開です。

そしてサムのはちゃめちゃ感はまるで20代のようです。年老いてもここまで若いテンションでいけると「かっこ良い」とさえ思ってきてしまいます。

孫もいるアーチーは平凡なおじいちゃん、と言う雰囲気ですがその大胆さはすごいものがあります。この物語、この方の活躍なければショボい展開で終わっていたでしょう。

 

ラスベガスが舞台ということでその華やかさにも目を奪われます。

最近、モーガン・フリーマンが出演している作品をよくみるのですが、この方が出ている作品はほとんどハズレがないようにも思えます。

もちろんこんなに豪華な俳優陣が出ているので、安心して最後まで笑って爽快に楽しむことができる映画です。

 

歳をとってもこんな最高の友人と、最高の思い出がつくれたら、最高の人生なんだなと感じた作品でした。