Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

お題「#応援しているチーム」

アーキテクチャ, アート, 視聴者, 野球場, 野球, 市, 色, デザイン, フィールド, 楽しい, ゲーム

お題「#応援しているチーム

 

遂に6月19日にプロ野球が再開しましたね!

私の好きなプロ野球チームは特にありませんが、妻の好きなチームは横浜DeNAベイスターズです。

私の実家は横浜で、小学生の頃は横浜ベイスターズのファンだったので、横浜スタジアムに家族で何回か応援に行った記憶があります。

当時応援していた1998年頃の横浜ベイスターズマシンガン打線でとても強く、日本一にもなっていました。(今では考えられませんが・・・w)

 

当時のメンバーは、石井琢朗、波留、鈴木尚典、ロバートローズ、駒田、佐伯、谷繁といった野手陣に、斎藤隆、川村、三浦大輔大魔神佐々木といった投手陣でした。

とても豪華なメンバーで応援していてもほとんどの試合で勝っていたような印象があります。

 

また、当時は松坂を擁する横浜高校が、春夏連覇を達成していて正に横浜の時代でした。

 

熱烈なベイスターズのファンに怒られそうですが、正直今のベイスターズはスター選手がいないためパッとせず、筒香もメジャーに行ってしまったのであまり観ていて面白くはないです。

 

球界のスターも次々と代替わりし、いつの間にか私よりも年下の選手が主力選手だったり、スター選手になっていたりと、不思議な感覚です。

野球選手といえば、自分よりも「年上」で「憧れの人」という印象が強かったからです。

 

そして今シーズンは何よりも、「無観客試合」ということで球場の雰囲気が独特ですね。

この週末もTVで放映されている試合はちょこちょこ観ていたのですが、やはりファンの応援や声援がないとシーンと静まり返った球場では盛り上がりが欠けるように感じました。

各球団工夫を施して、バックネット裏などの席にファンのボードを掲げてみたり、ファンのメッセージや動画をバックスクリーンに映したりしていますが、やはり球場にファンが「いる」か「いない」かはかなり大きな違いかなと思いました。

正直、開幕する前までは無観客だろうと野球の試合は楽しいだろうと思っていましたが、いざ観てみるといつもの試合よりも面白さが欠けるような感じがしました。

この前の日曜日の横浜vs広島戦の横浜のサヨナラ勝ちも、いつもは劇的な盛り上がりで感動して終わるはずなのに、ファンの歓声や応援がないと、なんともアッサリした感じの試合になってしまいました。

 

やはり「ファン」の存在ってかなり大きいものなんですね。

よく野球選手が「ファンの声援のおかげ」という言葉をインタビューで用いますが、たしかにそういうパワーとってあるのかなと最近思っています。

 

さて、今シーズンも始まったばかりですが今シーズンはどのチームが優勝するのでしょうか。

私はセ・リーグは巨人、パ・リーグは西武だと予想します。

みなさんはどのように予想しますか。