Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

これを観たらダイヤモンド買えなくなるでしょう…映画「ブラッド・ダイヤモンド」

 

最近、無料体験をしていたU-NEXTも期間満了を迎え、今はAmazon Primeの無料お試し期間を楽しんでいるところです。

そのため最近映画を観ることが本当に多く、週3本くらいのペースで観賞しています。

そこで今回はこちらの映画をご紹介したいと思います。

 

f:id:chimions_tax:20200622135520p:plain

https://movies.yahoo.co.jp/movie/326034/

この作品は、1990年代後半のアフリカ・シエラレオネでの激しい内戦を背景に、"ブラッド・ダイヤモンド"というダイヤモンドの不正取引を巡るストーリーになっています。

地域紛争が激化する地域での"ブラッド・ダイヤモンド"の現実問題に言及した内容にもなっています。

元傭兵の密売人にレオナルド・ディカプリオ、やり手の女性記者にジェニファー・コネリー、現地の家族を愛する漁師役にはアフリカ出身の俳優が起用されています。

 

あらすじは以下の通りです。

ダイヤの密売人であるダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、巨大なピンク・ダイヤを隠し持つソロモン(ジャイモン・フンスー)という男の存在を知る。一方、ジャーナリストのマディー(ジェニファー・コネリ)は、反政府組織“RUF”の資金源となっている“ブラッド・ダイヤモンド”の真相を探っていた……。』

 

この作品、かなり衝撃的でした。

観始めてからずっと手に汗握る展開となっています。

ダイヤモンドの産出地でもあるアフリカのシオラレオネでは内戦が激化している最中、ダイヤモンドの不正輸出も増えていました。

その原因が、反政府組織がダイヤモンドを売って得たお金で新たに武器を購入していたからです。いわゆる紛争ダイヤモンド=ブラッド・ダイヤモンドです。

"内戦"とは無縁の地域に住んでいる私たちが「不正」ダイヤモンドを購入することで、間接的ではありますが、国を混乱させる原因ともなっている”奴ら”に資金提供をしていることになってしまうのです。

この「ダイヤモンド」のために現地では多くの人が亡くなっています。

私たちがこの「ダイヤモンド」を欲しがらなければ、このように悲惨なことにはならないのではないかと考えてしまいます。

 

この作品は実話ではありませんが、社会問題に則して作られている作品です。

ストーリーの一番最後に出てくるテロップに衝撃を受けること間違いなしです。

私たちが今手にしているダイヤモンドも、もしかしたら誰かの命と引き換えに得たものかもしれません。