Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

Go To キャンペーン、このまま22日にスタート??

荷物, 休日, 旅行, 夏, 海, 太陽, 回復, ステッカー, ハワイ, 帆

都内に限らず徐々に日本全体的に新型コロナウイルス感染者が増えていますね。

特に第一波の時と異なるのは、職場内や家庭内感染が多いことです。

市中感染が増えてきているということでしょうか。

無症状の方が3割ほどということなので、意外と自分も感染してしまっているのではないかと少し不安になります。

 

そんな中、政府は第一波の時から温めてきた政策「Go To キャンペーン」を予定よりも早め、今月22日からスタートさせようとしています。

ここ数日、都内の感染者は100人以上を超え続けているのになぜ強行するのか、疑問に思います。

(旅行業界団体の会長に自民党の二階幹事長の名前があるので、この人の力によるものだという声もありますね。)

 

これでGo To キャンペーンが始まれば、都市部で蔓延していた感染者が地方に移動することで全国的に新型コロナウイルスをばらまく危険性を、感染症の知識等がなくても容易に想像することができるかと思います。

政府はあまりに反対の声が強いため、急遽、専門家を入れてこのキャンペーンの実施を行うか判断をすると言っていますが、そもそも専門家の話も聞かずにこのキャンペーンをゴリ押ししようとしていたことが怖いと思います。

 

Twitterなどでは、小学生〜高校生などのお子さんは今年の修学旅行や運動会、林間学校は全てなくなり、思い出となるイベントがほぼ無い状態であることが呟かれています。

こんな状況の最中、あえて「旅行」をさせるのはやはり流れに逆らっているとしか思えません。

 

今はこのキャンペーンへの反対運動も行われているようです。

以下、ネット記事の抜粋になります。

新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光消費などを促すために政府が企画する「Go Toキャンペーン」の中止を求める署名が急増している。署名集め専門のインターネットサイトでは5日間で9万人を超える人々から賛同が集まっており、呼び掛け人は「今やるのは、全国にウイルスが拡散する可能性があり本末転倒。キャンペーンはやめて、その予算を医療現場や九州豪雨の被災地、旅行関係の中小事業者への支援に回して」と訴えている。【竹内麻子】

東京都では7月2日以降、8日を除いて100人を超える感染者が報告されている。都は15日、「感染が拡大している」として、4段階ある警戒レベルを最も深刻な段階に引き上げた。  「Go Toキャンペーンに反対します」と題する署名運動は11日、インターネットサイト「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」で始まった。14日朝に2万人程度だった署名は15日朝には8万人超に。賛同者からは「いつかはやってほしいけど、今じゃない!」や「国民の命、健康をないがしろにしている」、「この予算を観光業や医療関係へダイレクトに回してあげてほしい」などの声が上がっている。  政府は22日のキャンペーン開始を目指している。国会でのさらなる議論を促すため、集めた署名は国会議員に提出される予定だ。呼び掛け人は「キャンペーンの趣旨は理解できるが、感染が拡大している今の時期にやるべきではない。東京から(比較的感染が抑えられている)地方に観光客が行って感染が広がれば、その地域の観光業や飲食店こそが打撃を受けてしまう」と話している。』

「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

熊本や大分では大雨で旅館などが壊滅的な被害を受けていることもあり、全てが落ち着いてからでも良いのでは無いかと思います。

私も旅行が好きなのでこのキャンペーンをすごく楽しみにしていましたが、「今じゃ無い」感があり、もし22日にキャンペーンが始まっても利用しないかと思います。

もっと世の中が落ち着いた時にこんなキャンペーンをしてくれたら嬉しいのですが…これからの政府の動向に注視していきたいと思います。