Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

バルサ歴史的大敗!時代が変わる!?

視聴者, 観覧席, 群衆, ゲーム, 一致, 人, サッカー, 見物人, スポーツファン, スタジアム, 会場

今回は珍しくサッカーのブログとなります。

 

昔はよくヨーロッパチャンピオンズリーグを観ていたのですが、最近はニュースで結果をチェックするくらいとなりましたが、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

 

なんと、CLでバルサが歴史的大敗を喫しました。

 

以下、ネット記事の抜粋になります。

 

◆欧州チャンピオンズリーグ ▽準々決勝 バイエルン8―2バルセロナ(14日・リスボン)  リスボンで1試合が行われ、バルセロナ(スペイン)がバイエルン(ドイツ)に2―8と歴史的大敗を喫した。リーグ戦でもRマドリードに優勝を奪われ2位に終わったバルサは、12シーズンぶりに無冠に終わった。試合後には元スペイン代表DFジェラール・ピケ(33)がチームの変革を訴えるなど、クラブの激変を予感させる敗退劇となった。バイエルンは19日の準決勝で、マンチェスターC(イングランド)―リヨン(フランス)の勝者と対戦する。  

悪夢のような大敗にバルセロナの選手たちは、うつろな表情で試合終了のホイッスルを聞いた。8失点。メッシを擁し、華麗なパスサッカーで世界中のクラブの模範とされてきたバルサが12シーズンぶりの無冠。試合後、下部組織出身でトップチーム在籍12年目となるDFピケは「恥、その一言だ。選手や監督だけでなく変更が必要だ。僕たちは底をついたと思う」と、クラブの変革を訴えた。  

バルサの先発メンバーの平均年齢は29歳329日でCLの史上最年長記録を更新した。33歳のメッシは多くのチャンスを作り出したが無得点に終わった。一方、高額な移籍金で獲得もチームにフィットせず、今季はレンタルでバイエルンに移籍したブラジル代表MFコウチーニョに2得点を許す始末だった。  

メッシは今季リーグ戦では4年連続7度目の得点王(25点)を獲得したが、得点数は昨季の36点から大きく減少。CLは3得点に終わり、メッシ依存では勝てない現実が浮き彫りになった。メッシ自身もチームの現状やセティエン監督(61)の指導に満足してないと報道されてきた。  

この大敗を受け、バルサのバルトメウ会長(57)は「いくつかの決定はすでに下されているが、他の決定は今後、数日後に下される」とコメント。同会長の去就も注目を集めているが、セティエン監督の解任は決定的な状況。すでに欧州各国の報道では後任候補として元バルセロナのレジェンドのシャビ(40)=現カタール・アルサッド監督=や、18―19年にトットナムをCL準優勝に導いたポチェッティーノ監督(48)が挙がった。  

一方でピケは「新しい血が必要だから、望まれれば僕が最初に出ていく」と語り、長年クラブを支えてきた主力が退団する可能性も出てきた。英国大衆紙ではイタリア1部のインテルが、メッシ獲得に乗り出すとの報道もあった。この衝撃的大敗が、バルセロナ、そして世界のサッカー界に与える影響は大きい。

 ◆最多得点 8ゴールは欧州CLの1試合最多得点。2016年のドルトムント(ドイツ)や03年のモナコ(フランス)が記録。両チーム合計の得点数は16年のドルトムントレギア・ワルシャワポーランド)の12(8―4)が最多。

 ◆バルセロナ最大得点差敗戦 バルセロナが6点差で敗れたのは初。過去には昨季のリバプールイングランド)との準決勝第2戦など0―4が6度。欧州カップ戦では5失点が過去最多で、1975~76年シーズンのUEFAカップ(現欧州リーグ)準々決勝第2戦に4―5で敗れている。』

バルサ歴史的大敗、メッシはインテル移籍も…セティエン監督解任は決定的、会長の去就も注目(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

 

1つの時代が終わったような気がして少し悲しいですが、メッシ、クリスティアーノ・ロナウドネイマールのような誰でも知っているようなスーパースターが出てくることを期待しています!