Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

税金って何?わかりやすく簡単解説!

所得税, 電卓, 会計, 金融, 書類, 税, ファイナンス, 税金, 計算

今回の記事は、税金について書きたいと思います!

 

皆さんは税金についてどのような種類のものがあって、また、どのような印象を持っていますか?

税金は、私たちの日常生活とは切っても切り離せない関係にあります。

 

税金には以下のようなものがあります。

 

法人税

・消費税

所得税

相続税

・住民税

・酒税

・たばこ税

印紙税

・不動産取得税

ゴルフ場利用税

入湯税

・出国税

 

等々…

 

これらは一部で現在日本には約50種類もの税金があり、私たちの身の回りには非常に多種多様な税金があります。

色々な人が、日常生活で何をするにも税金がかかる!と愚痴?をよく言ってしたりしているのを何回も聞いたことがあります。

 

会社が儲かったら法人税がかかり、個人がお金を稼いだら所得税がかかり、誰かが亡くなったら相続税がかかり、住んでいるだけで住民税がかかり、家を買ったら不動産取得税や印紙税や登録免許税がかかり、物を買ったら消費税がかかり、たばこを買ったときにはたばこ税がかかり、ゴルフ場でプレーする際にはゴルフ場利用税がかかり、温泉に入る際には入湯税がかかり・・・

確かに生きていく上で何をするにも税金がかかりそうですよね。 

 

そもそもなんで税金を納める必要があるか。

憲法30条で「納税は国民の義務」と規定されているからです。。。

納税のルールを守らなければ罰則があり、それが悪質であると判断された場合は多額のペナルティを支払うこととなります。

 

そんな税金ですが、実は税金のおかげで私たちの生活は当たり前のように送ることが出来ています。

医療やごみ収集、救急車等の公共サービスを利用できているのは、皆さんが税金を支払っているおかげです。

税金がないとこれらの公共サービスを自費で負担しなければならなくなるのです。

 

税金にはもう一つの役割があり、それは富(資産・所得)の再分配というものです。

なんだか難しそうな響きですが、実はものすごく簡単です。

 

税を支払う能力(担税力)は人によってバラバラなのが当たり前で、資産・所得がたくさんあって税を支払う能力のある人には、多額の税金を支払ってもらい、逆に資産・所得が少ない人には少ない税負担にする若しくは免除することで、 国民の富の格差を縮めて公平な社会にするという機能があります。

 

税金にそんな役割があったのか〜って感じですよね。

出来れば払いたくないというのはみんな同じですが、こういった大切な役割があって社会が成り立っているんですね。

 

今回は真面目な税金ブログでした。

最後まで読んで頂きありがとうございます!!