Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

今日からマイナポイント開始!気になる普及率は?

Id, パスポート, イタリア, カード

7月からマイナポイントの申請が開始されていましたが、9月1日の今日、ついにマイナポイント事業が始まります。

前回、「マイナポイントの申請開始」と「実際にマイナポイントの申請をしてみた」という記事を書いていましたので、下記のブログもご覧ください。

 

chimions-tax.hatenablog.com

chimions-tax.hatenablog.com

 

ちなみにマイナポイントとは、マイナンバーカードを持っている人が対象で、マイナンバーカードで予約・申請を行い、選んだキャッシュレス決済サービスを利用して買い物やチャージをすると、利用金額の25%分のポイント(1人あたりの上限額は5,000円分)がもらえるという仕組みです。

そのため申請したからといっていきなり5,000円分のポイントがもらえる訳ではありませんので、ご注意ください。

また、マイナンバーカードの”通知カード”も対象外になります。

 

今日から始まるマイナポイントですが、いまだにマイナンバーカードの普及率は低いようです。

ネットでもこんな記事を見つけたのでご紹介します。

以下、ネット記事の抜粋になります。

 

マイナンバーカードの保有者にポイントを還元する消費活性化策「マイナポイント」事業が9月1日から始まる。  

申し込みを済ませた上で、キャッシュレス決済サービスを使って買い物やチャージをすると、最大5000円相当のポイントが付く。今のところ、申し込みは想定の10分の1以下と低調だが、「お得感」を売りに、取得が進まないマイナンバーカードの普及を目指す。  

ポイント還元の対象期間は、2021年3月31日までの7カ月間。期間中にキャッシュレス決済を利用すると、その額の25%相当が還元される。  

事前にポイント還元を希望するキャッシュレス決済事業者を一つ選び、マイナンバーカードを使って専用サイトから申し込む必要がある。電子マネーQRコード決済など109事業者から選択できる。  

ポイントが付くタイミングは決済事業者によって異なり、すぐ付与されたり、翌月にまとめて付与されたりする。一部の事業者がポイントを上乗せするキャンペーンを行うほか、地域経済の活性化のため、域内で利用した場合に独自にポイントを付ける自治体もある。  

総務省は4000万人分の予算を確保しているが、7月から受け付けている申込者数は25日時点で約330万人にとどまる。高市早苗総務相は28日の閣議会見で、「年内にマイナポイントを予約すれば利用できる見込みなので、お早めにカードの申請をいただけたら」と呼び掛けた。』

マイナポイント、1日開始 最大5000円還元、申し込み低調(時事通信) - Yahoo!ニュース

 

事前のマイナポイント申請数は予定の1/10以下、さらにマイナンバーカードの普及率は2020年8月1日の段階で18.2%に留まっています。

私はマイナンバーカードで確定申告が簡単にできるようになったので利用していますが、正直それ以外にマイナンバーカードの利便性を感じたことがありません。

最近はその利便性を高めるためにマイナンバーカードを健康保険証としても利用できるような仕組みができたようです。

 

マイナンバーカードについては、銀行口座の紐付け等で自分の全資産を政府に知られてしまう…といった懸念などが巷で話題になり、悪いイメージしか無いように思えます。

以前、こちらのブログでも紹介しましたが、台湾では新型コロナウイルスの影響でマスクの品不足が起こった際に、台湾版のマイナンバーカードで国民全員に行き渡るようマイナンバーカードを上手に活用していました。

その時の記事は下記になります。

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

利便性よりも悪い噂の方が目立ってしまうので、政府は台湾などを見習ってもっとマイナンバーカードの上手な利用方法を考えた方が良いかもしれません。