Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

日本の子供は幸福度が低い?38ヵ国中20位…

 

タイトルの通り、こんなに日本の子供の幸福度が低いとは思ってもいませんでした。

以下、ネット記事の抜粋になります。

 

子どもの幸福度をはかるユニセフ=国連児童基金の調査で、日本は先進国や新興国など38か国中、20位でした。体の健康の分野では1位となる一方、精神的な幸福度は37位となっています。

ユニセフは日本を含む先進国や新興国など38か国を対象に各国のさまざまなデータをもとに子どもの幸福度をはかる調査を7年ぶりに実施し、3日、その結果を発表しました。

それによりますと、1位がオランダ、2位はデンマーク、3位はノルウェー、そしてスイス、フィンランドと上位をヨーロッパの国が占め、日本は20位となっています。

調査では体の健康と精神的な幸福度、学問などの能力の3分野でそれぞれ順位をつけていて、日本は子どもの肥満の割合や死亡率などから算出した「身体的健康」の分野では1位でした。

一方で学問などの能力をはかる「スキル」では、学問的な習熟度は高いものの社会的な適応力で上位の国におとり、27位でした。

そして「精神的幸福度」では、15歳時点での生活の満足度の調査結果や若者の自殺率などから算出した結果として37位となりました。

今回の調査は新型コロナウイルスの感染拡大前に実施されたということで、報告書を執筆したユニセフ・イノチェンティ研究所のアナ・グロマダさんは「新型コロナウイルスの子どもたちへの影響は大きく、子どものメンタルヘルスは健康問題の一部として積極的に対策に取り組むべきだ」として、感染拡大を受けて一層の対策が求められると指摘しました。

子どもの幸福度の調査は7年前の2013年に31か国を対象に今回とは異なるデータももとにして実施されていますが、この時は日本は全体で6位でした。』

子どもの幸福度 日本は先進国など38か国中20位 ユニセフ調査 | NHKニュース

体の健康などは先進国38ヵ国中1位ですが、学問や精神的な幸福度ではほとんど下位です。

 

特に15歳ともなれば多感な時期ですし、学校や部活、塾と本当に毎日忙しく動きまわっていた思い出があります。

朝練があれば朝早く起き、朝練が終われば学校の授業を受け、放課後はまた部活。

部活が終われば急いで塾に向かい、塾が終われば自宅で宿題をし、やっと就寝。

ほとんど休むまもなく動いていたように思います。

特にこの調査の対象となる15歳(中学3年生)は高校入試を控えていることもあり、何かと不安感やストレスを感じやすい時でもあります。

私もこの年齢で「生活に満足しているか?」と聞かれても「Yes」とは言えないと思います。

というよりも「幸せ」の定義がよくわかっていないと思います。

 

日本に生まれた瞬間から他の国に比べればある程度の良い生活ができ、すでに「幸せ」な状態にいるのではないかと大人になってから気づきました。

それは色々な国を旅して気づけたことでもあります。

日本で当たり前のようなことでも海外に行けば「贅沢」なことだったりします。

そのような世界の現実を初めて知ってから、自分は「幸せ」なんだと感じることができました。

 

あくまでも私見ですが、日本の子供の幸福度が低いのは「見ている世界が狭すぎる」ということが原因のようにも思えます。

学校や友達が自分の人生の全てだと思ってしまったり、自分と比較する対象がクラスメイトだったり…あまりにも近すぎる相手と自分を比較してしまい悲観してしまう。

島国ならではの国民性も影響しているのかもしれませんが、日本では"没個性"で横並びを好む傾向にあることも影響し、周りと歩調をあわせていかなきゃいけない息苦しさみたいなものを子供達は感じているのではないでしょうか。

 

もっとグローバルな視点で物事を広く見て考えるような教育をしていけば、今回の幸福度調査で低かった「スキル」と「精神的幸福度」の改善も図れるような気がします。

日本においては少し特異に見られてしまいがちですが、世界的に見ればハーフの子もLGBTも珍しくありません。

「出る杭が打たれない」そんな日本になれば、子供の幸福度もあがるのではないでしょうか。

まずは私たち大人達が正しい道へ導いてあげないといけませんね。