Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

ついにiPhoneで"PASMO"利用可能に!!

私にとってはかなりの朗報です!

PASMOがついにiPhoneApple WatchApple Payで利用できることになりました。

昨日10月6日から利用がスタートしたようです。

 

以下、ニュース記事の抜粋になります。

 

iPhoneApple WatchApple Payで、交通ICカードPASMO」が10月6日から利用できるようになる。PASMOのサポートページでは「6日9時半ごろから利用できるようになる」と予告しているが、SNSではすでに利用できると報告している人もいる。  対応機種は、iOS14.0がインストールされたiPhone 8以降、またはwatchOS7.0がインストールされたApple Watch Series 3以降。Face IDかTouch ID、パスコードのいずれかが設定されている必要がある。

 iPhoneの設定にある「WalletとApple Pay」で「カードを追加」を選ぶと「PASMO」が選べる。年会費はかからない。

 もし表示されていない場合は、しばらく待つよう案内されている。またサービス開始直後はアクセスが集中すると予想されており、その際にもしばらく待つことが推奨されている。

 手元のPASMOから情報を移行するには、「金額を選択」という表示されている画面の中央付近にある「お手持ちの交通系ICカードを追加」をタップし、PASMO ID番号、生年月日を入力するという流れになる。なお小児用PASMO、一体型PASMO(クレジットカード一体型など)、高校生以下の通学定期券が付いたPASMO定期券などは移行できない。

 Androidで使っていたモバイルPASMOの情報は、Apple Pay側にPASMO情報がまったくない場合のみ、移行できる。すでにApple PayにPASMOが設定されていると、移行はできない。もしApple Pay側で設定してしまい、モバイルPASMOを移行したい場合は、Apple Pay側のPASMOで退会手続きをする必要がある。移行する際には、Android側のおサイフケータイアプリで「マイサービス」→「交通系ICカード」の「メインカードを切り替える」からサーバーへ退避するPASMOを選ぶ。

 定期券の購入もできる。

■できないこと  PASMOのサポートページによると、Apple PayのPASMOでは、一部の自動券売機での現金チャージや、Suicaグリーン券売機でのグリーン券購入、エクスプレス予約のEX-ICカードと重ねての新幹線乗換改札機の通過はできない。また小児用PASMOとしては使えない。

 Apple PayのPASMOからAndroidのモバイルPASMOへデータを引き継ぐ方法はない。』

iPhoneで「PASMO」、今日から利用可能に(Impress Watch) - Yahoo!ニュース

 

妻はだいぶ前からSuicaiPhoneで利用できるようにしており、スマホだけで電車の乗り降りや買い物などができていました。

それをずっと羨ましく思っていたので、私にとっては本当にありがたいサービスです。

これで、朝「定期を忘れた!」と家に戻らなくても済みそうです。

さっそくPASMOiPhoneに取り込んでみようと思います。