Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

Go To トラベル、割引額復活!?給付金の追加投入なるか?

 

昨日のブログで、「じゃらん」や「楽天トラベル」「一休.com」などの旅行のインターネット予約サイトでの予約について、Go To トラベルの割引額が減額されるという記事をご紹介しました。

昨日の記事についてはこちらになります。

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

しかし、今朝のニュースでこんな記事を見つけました。

記事によると、「じゃらん」や「楽天トラベル」などで一時Go To トラベルの割引額が下がっていたインターネット予約サイトの会社等に給付金を追加投入し、元の割引上限額へ戻すよう検討されるというものです。

 

以下、ネット記事の抜粋になります。

 

国の観光支援事業「GoToトラベル」で、一部の大手旅行予約サイトで旅行代金の割引額を縮小するなどの動きが相次いでいることについて、観光庁が、追加で給付金を配分し、割引額を元に戻すよう求める方針であることがわかりました。

「GoToトラベル」については、国から事業者に対し給付金が配分されています。しかし、今月から東京発着の旅行も対象になったことなどで、自宅などから簡単に利用できる旅行予約サイトにアクセスが集中し、事業者の給付金が不足したとみられ、週末から一部の大手旅行予約サイトで割引額などを縮小する動きが相次いでいました。

関係者によりますと、これを受けて観光庁は割引額の縮小などをしている事業者に対し、追加の給付金配分を検討し、13日にも発表する方針であることがわかりました。 その上で、事業者に対し元の割引額や回数に戻すよう求めていくということです。

GoTo割引額 給付金追加で元通り要請へ(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

 

Go To トラベルの給付金についてはスタート時から各旅行会社に金額が割り当てられていました。「じゃらん」や「楽天トラベル」などは会社として割り当てられた給付金の額に達しそうだったため、割引額が縮小されることになったようです。

ニュース記事にもありますが、このご時世、対面での旅行代理店に行くよりもネットで予約をした方が安全面・お手軽さともに利用しやすいので、インターネット予約に殺到するのもわかります。

 

Dollar, 通貨, お金, Us-Dollar, フランクリン, 見える

Go To トラベル全体の予算としてはまだ残り1兆円ほどあるとも言われています。

各旅行会社への給付金の割り当て額等は発表されませんが、このコロナ禍という特殊な状況を鑑みて政府は各旅行会社へ給付金を割り当てたのでしょうか。

今回は柔軟に対応をするようですが、追加の給付金は私たちの税金がまた投下されるわけです。

湯水のように使われる税金…。

Go To トラベルの恩恵を受けた観光地も多いと思いますが、その一方、医療従事者や介護業界などの一部の業界では休暇をとることもままならず、さらには、会社の方から移動制限を出されて旅行なんていけないという方も多くいます。

今回追加投入されるかもしれない税金でこのような方たちにも恩恵が受けらるような政策をしても良かったのではないかと思ってしまいます。

 

問題ばかりのGo To トラベル。

追加の給付金の投入の可否については13日に発表されるので動向に注目です。