Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

四国一周ドライブ旅行 2日目 〜 かずら橋・琵琶の滝(徳島)〜

 

四国一周ドライブ旅行2日目です。

前回までの記事はこちらをご覧ください。

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

 

今日は香川県にある琴平温泉郷から徳島県にある『かずら橋』に向かいます。

2日目の旅程はこちら

 

f:id:chimions_tax:20201106104326j:image

 

車で1時間半ほどで徳島県の祖谷(いや)につきました。

この辺りは渓谷が美しいことで有名です。

 

まずは『かずら橋』

前々から気になっていた念願の場所に行くことができました。

 

f:id:chimions_tax:20201106104341j:image

 

重さ約6トンものカズラからできたこの橋は、昔、平家が追ってから追われた際にこの橋を切り落として逃げ切れるようにつくられたと言われています。

現在はワイヤーや金具で固定され安全に渡れるようになっていますが、今でも3年に1度カズラの架け替えを行なっているようです。

 

f:id:chimions_tax:20201106104357j:image

 

この橋の怖いところはなんといってもこの足元の隙間

 

f:id:chimions_tax:20201106104413j:image

 

子供なら足がすっぽり入ってしまうくらい間隔が空いています。

下には綺麗な清流が流れていますが、逆にそれが怖さを倍増させます。

 

f:id:chimions_tax:20201106104432j:image

 

そしてこの橋、とにかく揺れます。

手すりを持ってでないと前に進むことができません。

高さ14m、長さ45mの『かずら橋』。高所恐怖症の私にとってはスリリングな体験でした。

 

f:id:chimions_tax:20201106104458j:image

 

ちなみに渡橋料は大人550円で、一方通行になります。

 

『かずら橋』を渡り切ると、『琵琶の滝』があります。

 

f:id:chimions_tax:20201106104510j:image

 

高さ50mもの滝もまた平家伝説が残る場所です。

ずっと眺めていたくなるような滝でした。

 

またこの近くには川辺にもおりられる場所があります。

 

f:id:chimions_tax:20201106104525j:image

 

川の水がとても綺麗で、水との境目がわかりづらいです。

 

f:id:chimions_tax:20201106104536j:image

 

夏はこんな素敵なところで川遊びなんてしたら最高でしょうね!

 

『かずら橋』を後にし、次は『小便小僧』に向かいます。

道中は狭くてクネクネした山道なので運転には十分注意した方が良いでしょう。

 

行く途中にこんな美しい景色を撮影できました。

 

f:id:chimions_tax:20201106105758j:image

 

渓谷がひらがなの「ひ」のような形から『ひの字渓谷』と言われています。

祖谷の独特の地形を目で楽しむことができます。とても気持ちの良い場所でした。

 

そこからさらに車を進めると御目当ての『小便小僧』につきました。

 

f:id:chimions_tax:20201106105808j:image

 

この像は昔地元の人がこの高台の場所から度胸試しで立ちションをしたという言い伝えからできたものです。

 

この周辺には大歩危峡(おおぼけきょう)という名所もありますが、こちらは車窓から楽しみました。

とりあえずこの祖谷エリアは自然美・渓谷美が素晴らしいです。

ちょうど行った時は紅葉がはじまったばかりの頃だったので、これからどんどん色づいてくるともっと美しい場所になるでしょう。

 

ちなみにこのエリアでは野生のサルを何度も見かけました。

この場所が自然豊かな場所であることをさらに実感しました。

 

明日は2日目の『しまなみ海道』と『道後温泉』をご紹介します。