Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

Go To イート、ついに予算に達し終了

レストラン, 人, 食べること, 社会的ニすること, 交流, 夕食, テーブル

大反響のGo To イート。

10月にスタートし、先日あっという間に予算に達し終了となりました。

 

以下、ニュース記事の抜粋になります。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援する「Go To イート」事業で、ポイントが付与される飲食店のオンライン予約が14~15日、大手サイトで相次いで終了した。10月1日の事業開始から予約が延べ5千万人以上に膨らみ、国の予算が上限に達したためという。感染状況が悪化する中で、店側は「この先どうなるのか」と不安を口にし、一方で、制度を活用してきた利用者からは「もう一度復活を」との声が上がった。

 農林水産省によると、事業の予算額は616億円。予約サイトを通じた飲食に次回以降に使えるポイント(昼食500円分、夕食千円分)が付与される仕組みだった。開始当初の付与額は1日当たり6億~7億円分だったが、10月下旬ごろからペースが加速し、11月上旬には1日当たり約17億円分になった。農水省は13日、「近日中に予算が上限に達する」として、付与が近く終わると公表した。

 これに伴い、大手サイト「ぐるなび」は14日午後5時59分に、「ヤフー!ロコ」は同日午後3時にそれぞれ予約を終了。「ホットペッパーグルメ」も15日午前2時で終わった。他のサイトも近日中の終了を告知している。

 予約終了の動きに対し、東京都千代田区にある居酒屋の男性店長(57)は「(コロナ禍で減っていた)お客さんがようやく戻りだしてきたところ。忘年会も大人数でできないような状況下で、事業が終わったらこの先どうなるのか見通せない」と声を落とした。また、予約を5~6回利用した女性会社員(43)は「ポイント目当てに知らない店も調べて行ってみたりと、いろいろ楽しめた。コロナが再び拡大し、終了はいいタイミングかもしれないが、また復活してほしい」と話していた。

 農水省によると、付与されたポイントの大半は未利用で、最長で来年3月末の期限までに消費されるかどうかは不透明という。使われなければ失効し、余った予算は国庫に返納される可能性がある。』

https://news.yahoo.co.jp/articles/3ad442a23feb4adcb08f44121bcb27b10c9376f2

 

私も数回利用しましたが、とてもお得に外食ができるのでありがたいキャンペーンだと思いました。

しかしこれは大都市圏や周囲に繁華街など飲食店が多くある地域の方にしか恩恵のないキャンペーンです。

先日四国へ旅行に行った際、山間部や田園地帯の中で生活している人にとっては、Go To イートのキャンペーンなんて意味のないキャンペーンなんだろうなと感じてしまいました。

周囲にはGo To イート対象の飲食店はもとより、飲食店自体がない場所も多く、ましてや、高齢者が多く住む地域であれば尚更このキャンペーンは利用されないのではないでしょうか。

私はちょうどGo To イート対象のお店が周囲にある場所に住んでいるので利用することができましたが、利用したくても利用できない(場所やネット予約という方法による)人も多くいるかと思います。

今までしっかり納税をしてきたのにその恩恵を受けられないことは不公平感があるように感じます。

私自身もGo To トラベルスタート時の東京除外についてはかなり憤りがありました。

しっかり働いて納税しているのにその恩恵を受けられないなんて!と1ヶ月間は思っていました。

全国民に平等な政策・キャンペーンというものは難しいですね。

大なり小なり不公平感が残るものになってしまうのでしょう。

 

新型コロナウイルスの影響で税金の使われ方について色々と考えさせられることが多くなってきました。

Go To 関係についての税金の使われ方以外にも目を向け、国民全体で国の無駄な出費についても目を光らせていかないといけないですね。