Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

特別なシーズン。ソフトバンクホークス圧倒的強さで日本一に!

昨日はブログ1周年記念の記事について、たくさんの"いいね"や"ブックマーク""コメント"ありがとうございました。

こちらでお礼を述べさせていただきます。

このように見てくださっている方がいるだけで頑張れますので、引き続き宜しくお願い致します。

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

 

昨日日本プロ野球のシリーズもついに終わりました。

プロ野球界もコロナ渦における特別なシーズンでした。

開幕は当初よりも大幅に遅れたスタート、開幕しても当初は無観客での試合、セ・リーグについてはクライマックスシリーズのない今シーズンでした。

そんな中、セの王者・巨人とパの王者・ソフトバンクがここ数日、「日本一」を巡って日本シリーズを行なっていました。

みなさんはご覧になりましたか?

 

私は巨人ファンでもソフトバンクファンでもありませんが、この日本シリーズの4戦は思わずテレビに釘付けになってしまいました。

理由は、圧倒的なソフトバンクの強さに魅了されたからです。

セの王者で有名選手を多く引き抜いてきた巨人がまったく歯がたちませんでした。

 

当初からソフトバンクホークスのチームの雰囲気がとても良いなと感じていました。

一方、巨人はベンチ内がドヨーンとした重苦しい雰囲気がテレビからでも伝わってくるような感じでした。

その点からでもこの日本シリーズの勝敗がどちらに軍配があがるのか少し予想できました。

 

日本シリーズ初戦に先発した千賀投手、ずっとスタメンマスクをかぶっていたキャッチャーの甲斐選手、球界No. 1俊足の周東選手など、「育成枠」という3軍のような場所から頑張って勝ち上がってきた選手がこのような場で活躍しているのがとても眩しく映りました。

私が応援しているDeNAベイスターズにはあまりないことなので…

それにしてもソフトバンクホークスの強さは、「育成枠」の選手も1軍で活躍できるような選手に育てあげるような土台がしっかりできているところに関心します。

ベイスターズは基本的にドラフトでも即戦力となるような大学生や社会人をとり、「成長させる」という方に重きをおいていない?ように感じられるからです。

 

ソフトバンクは1軍でも選手層が厚く、熾烈なスタメン争いがチーム内でもあるので競争心や良い意味での危機感が芽生えるのでしょう。

ベイスターズもこんなチームになってほしいです…

 

今回の日本シリーズも圧倒的強さでしたが、実は日本シリーズ優勝はこれで4年連続。

2018年の第三戦の日本シリーズから日本シリーズは一回も負けがなく、その連勝記録は12を記録し最長となりました。

セの王者と戦っているのにこの無双ぶり。本当にすごいです!

 

昔は「人気のセ」「実力のパ」と言われていましたが、今や人気も実力もパ・リーグに行ってしまった気がします。

セ・リーグはもっと頑張らないといけませんね。

以前、野球界でセとパのチームをシャッフルすると言う案も出ていましたが、実際にやってみった方がいいんじゃないかと思います。

 

コロナの関係で今年は野球観戦ができなかったのが残念ですが、また来年の球春を楽しみにしています。

来シーズンは三浦大輔新監督のDeNAが優勝しますように…