Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

今世界が大注目!コロナ渦における台湾の成長

 

新型コロナウイルスが世界中に広がりはじめ早1年。

去年から私達の生活はずっと新型コロナに振り回されています。

経済活動もままならない世界各国のこの状況の中、台湾が躍進をしています。

 

以下、ニュース記事の抜粋になります。

 

台北 29日 ロイター] - 台湾主計総処が発表した第4・四半期の域内総生産(GDP)速報値は前年比4.94%増加した。6.72%増を記録した2011年第1・四半期以来、約10年ぶりの大幅な伸び率となった。ロイターがまとめた市場予想の3.61%増を大きく上回った。

第3・四半期の成長率は3.92%だった。 次世代通信規格「5G」関連機器などハイテク輸出が好調で、新型コロナウイルス感染拡大の影響を緩和した。

2020年通年では2.98%成長となり、2019年の2.96%から成長が加速した。 電子機器の輸出は通年・四半期ともに約20%増加。世界的に人々が在宅勤務や在宅学習を強いられる中、スマートフォンタブレット機器などへの需要の高まりが追い風となった。』

台湾GDP、20年第4四半期は前年比4.94%増 通年では2.98%増(ロイター) - Yahoo!ニュース

 

日本や欧米諸国などのGDPは新型コロナの影響を受け大きくマイナスに転じることが予想されていますが、台湾の場合は数少ないプラス成長国のようです。

新型コロナの対策にしても当初から素晴らしい対応を取り続けていたこともあり、ここ直近9ヶ月の感染者数は10人台、死者数も7人と、新型コロナの封じ込めに成功しているといっても過言ではないと思います。

 

振り返れば昨年2月、報道されている限りでは、日本は豪華客船ダイヤモンドプリンセス号の寄港で初めて新型コロナウイルスの感染者が日本で確認されました。

しかし台湾当局はもっと前から中国の武漢で謎のウイルスによる病が広がっている情報を聞き、一昨年12月からずっと空港検疫を強化しウイルスを国内に入れないよう徹底した水際対策をしてきていました。

 

またこちらのブログでも以前ご紹介した、台湾の天才IT大臣オードリー・タン氏のコロナ渦における大活躍はご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

以前のブログについてはこちらをご覧ください。

 

chimions-tax.hatenablog.com

 

オードリー・タン氏は民間人ながら並外れた天才的なIQとプログラミング技術で台湾のIT大臣に最年少の若さで就任しました。

日本のように議員年数や政党内でのポジションだけで大臣が決まるわけではなく、本当に"できる人"が議員であるか関係なく要職につけるこの台湾政府の風土がとても素晴らしいと思います。 

 

最近でも度重なる議員の会食問題で、自民党の全職員にPCR検査が実施されるというニュースも聞きました。

自粛が要請されている中それを守らず、食べて飲んで騒いで好き勝手楽しんで感染した議員とその取り巻きのために、自分たちだけPCR検査をするのもおかしな話だと思います。

公費でなんてやらず、心配なようなら是非自費でやってもらいたいものです。

 

日本のダメ政治家の話をニュースで聞くたびに、隣国の台湾政府の対応に羨望の眼差しを送ってしまう今日このごろです。