Chimions_Tax’s blog

30歳税理士のブログです!税金に関することだけでなく、趣味や日常についても書いていきたいと思います!

DeNA外国人選手10名が来日できず開幕か!?

もうすぐ球春到来です!

今年のプロ野球は3月26日に開幕のようです。

現在はオープン戦が行われており、巨人の期待の新人・身長2m超えの秋広選手、阪神の即戦力ルーキー・恵まれた体格をもつ佐藤選手など、今シーズンも活躍が期待できる選手が多くいます。

 

そんな中、私が応援しているDeNAでは開幕戦に向け、大きな問題が起きているようです。

 

以下、ニュース記事の抜粋になります。

 

DeNAの三原一晃球団代表(52)が8日、オンラインで取材に応じ、育成を含む10人の外国人選手が3月26日の開幕に間に合わない見通しであることを明かした。三原代表は「入国にめどが立っていないのが現状。開幕には10人は間に合わないことが濃厚です」と説明した。  

 DeNAには育成選手を含めると10人の外国人選手が所属。5人の支配下選手のうち、新外国人は先発ローテの一角として期待されたフェルナンド・ロメロ投手(26)だけで、3年間で109本塁打を放ち今季から3年契約を結んだネフタリ・ソト内野手(32)、これまでNPB通算4年間で224登板のエドウィン・エスコバー投手(28)らは昨年までもチームに所属していた。

 在留資格を持たない新外国人選手はDeNA以外の球団でもほとんどの選手が来日できていない。だが、2年目以降の選手は巨人のサンチェスやウィーラー、中日のビシエド阪神のマルテやスアレスら多くの選手が来日済みだ。なぜ、DeNAのソト、エスコバー、オースティンらは来日できないのか―。

 取材の中で三原代表が説明した。

 三原代表によると「入国するための手続きは大きく分けて2つある」。他球団の状況は分からないとしながらもこう続けた。「(DeNAの外国人選手は)ビザを申請して取得して入国しようとしたが、12月末にビザ取得が凍結された。(他球団の外国人選手は)入国した後にビザを申請するやり方で入国したと思う」。

 DeNAは昨年11月に「再入国だと入国に期限があるが、ビザを取得してからであればいつでも入国出来る」と、現地でのビザ取得を決めたが、新型コロナウイルスの感染拡大が終息に向かわないことで水際対策がとられ、いまだに来日のめどが立っていない。

 現時点でもビザの取得は凍結中。仮に凍結が解除されても現地でのビザ発給に数日かかり、来日しても2週間の隔離期間がある。ソトとオースティンはクリーンアップ、エスコバーは勝利の方程式、ロメロとピープルズは先発ローテの一角と、いずれもチームの中心的な役割が期待されていたDeNAの外国人選手。三浦大輔新監督(47)には厳しい船出となりそうだ。

なぜDeNAの外国人だけ入国出来ない? 三原球団代表が説明…ポイントはビザ取得方法(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

なんとDeNAの外国人選手だけが日本へいまだ入国できていないようです。

昨シーズンも大活躍だったソト選手やオースティン選手までもが入国できていないということですからチームにとっては大打撃です。

特にこの2選手はクリーンナップとなる選手なので、チームの幸先が不安です。

この記事を見る限りでは、入国日についてもまだ未定のようです。

なるべく早い段階で外国人選手についても入国が認められ、チームに合流できることを願うばかりです。

 

さて、今年のプロ野球はどのチームが強いでしょうか。

みなさんはどのチームが今シーズンの優勝候補だと思いますか?